【受注製作(納期約1ヶ月半)】吟擦りヌメ革*カード8枚長財布 「series-envelope」ストーングレー

【吟擦りヌメ革の魅力とは?】
「日本の革もここまで来たか…!」
初めてこの革を手にした時、そう思いました。

それがこの、兵庫県たつの市タンナーとイタリアタンナーとの技術協力によって生まれた『吟擦りヌメ革』です。

吟擦りによるスルっとした優しい手触りが魅力な、ヴィンテージ感溢れる風合い。

鞣しの際に植物タンニンを贅沢に使用している為、繊維が詰まっていてハリとコシがあります。
さらにオイルワックスをじっくりと染込ませ、丁寧に仕上げている為、当初は硬さがありますが、次第に馴染んでいく素材です。
そのじっくりと染込ませたオイルワックス効果により、ツヤや焦げ付きなどの独特なエイジングが愉しめるのです。

日々使うものだから、素材にはこだわりたい。
そんなあなたにオススメです。

【シンプルで使いやすい『封筒型』】
封筒のカタチが好きです。
長方形と対角線の織りなすリズム、その中央で封を留める様子。
そんな封筒のカタチをもとに、たくさん入ってスムーズに使える長財布をデザインしました。

女性の手に収まりやすい縦幅を意識してデザイン。
ふたを開ける時から、お札やコインを取り出す際、また閉める様子など、
手元の所作が美しく見えるのも特徴です。

*材質:タンニン鞣し成牛ヌメ革(国産吟擦りオイルレザー)
*サイズ:T90×W200×D35ミリ(多少の誤差はお許し下さい)
*革質:適度な厚みと、手馴染みの良いスルッと滑らかな革質、染料染めの透明感のある革です。
*カラー:ストーングレー(経年や日焼け、摩擦等により、深い色合いに変わります)

【こんな仕様です】
大きく開く折りマチ式。ファスナーも大きく開いて小銭が取り出しやすいです。
カード入れは横差し式で8枚。
しきりもたくさん、前しきりは内フタ付きです。また、背面にも仕切りがあります。

【ヌメ革とは】
植物タンニン(一言で言うと「渋」)で鞣(なめ)された革のこと。

植物のタンニンは「皮」に含まれているコラーゲン成分と結びつく性質があり、この性質を利用してコラーゲン分を皮から取り除くことで皮を鞣し「革」に仕上げたものがヌメ革なのです。
「皮」は生き物から剥いだ状態のもの。そのままでは固くなってしまったり、腐ってしまったりします。
これを「鞣す」という作業で「革」に仕上げるのです。

現代の革鞣しは「クロム鞣し」といって鉱物のクロムという化学成分を用いる方法が一般的です。
しかし最近になって、植物タンニン鞣し革の魅力が注目されてきています。

【タンニン鞣しの革のメリットは?】
クロム鞣しのように安定した素材でない代わりに、変化が楽しめる素材です。
手にしたときが完璧なのではなく、長い時間をかけて愛着が増していく素材とも言えます。
古来からの製法で、材料は皮と植物の渋。自然素材にこだわりのある方には特におすすめの素材なんです。


《注意点》
*ハンドメイド•オーダー「KALEIDOSCOPE」の商品は、基本的にはご購入お手続きを頂きましてからの製作となります。
*出来るだけ現品の風合いに忠実に撮影、カラー調整をしていますが、パソコン環境等で実物との色の誤差が出る場合があります。ご了承下さい。
*本革は部位などにより多少の質感の違いや生来の虫食い跡、血筋などございます。一点ずつ異なる本革の証としてご理解下さい。 また、気になる方はご購入をお控え下さい。
*製品の特性上、初期不良以外のクレーム・返品はお受けできませんのでご了承ください。
販売価格
25,000円
購入数