【受注製作(納期約2週間)】イタリアンレザー*長財布 「series-envelope」(ターコイズ)

*封筒をかたどったヌメ革の長財布*

【この作品で使用している革は、イタリアのブレターニャ社で製造されている、最高級イタリアンショルダーです。】



トスカーナの鞣しに適した気候風土とアルノ川の水質の恩恵を受けた上質な革を、イタリア特有の色彩感覚で職人が1枚1枚手作業で染色しています。
100%染料のみで仕上げられた自然な色ムラと天然のシボが特徴で、表情豊かな風合いです。
エイジングが出やすいのも特徴です。
お使い頂くうちに摩擦で磨かれ、しっとりと深く美しい艶にエイジングしていきます。使うことで美しく変化するので、きっとお財布を持つのが楽しくなりますよ。



*材質:タンニン鞣し成牛ヌメ革(最高級イタリアンレザー)
*サイズ:T110×W200×D35ミリ(多少の誤差はお許し下さい)
*革質:しっとりと手馴染みの良い革質です。
*カラー:ターコイズ(摩擦や経年で深い透明感のある色合いに変化します)

古来からの鞣(なめ)し製法、「植物タンニン鞣し」で仕上げられた最高級のイタリアンレザーで、封筒のカタチの長財布を作りました。

お札が折らずにしっかり収納でき、通帳も入る大きさ。

カード入れは縦差し2カ所、横差し2カ所の計4ポケット。
横差しポケットは大きめに仕立ててありますので、規格外のポイントカードなども収納可能です。



【ヌメ革とは】
植物タンニン(一言で言うと「渋」)で鞣(なめ)された革のこと。

植物のタンニンは「皮」に含まれているコラーゲン成分と結びつく性質があり、この性質を利用してコラーゲン分を皮から取り除くことで皮を鞣し「革」に仕上げたものがヌメ革なのです。
「皮」は生き物から剥いだ状態のもの。そのままではコラーゲンで固くなってしまったり、腐ってしまったりします。
これを「鞣す」という作業で「革」に仕上げるのです。

現代の革鞣しは「クロム鞣し」といってクロムという化学成分を用いる方法が一般的です。
しかし最近になって、植物タンニン鞣し革の魅力が注目されてきています。

【タンニン鞣しの革のメリットは?】
クロム鞣しのように安定した素材でない代わりに、変化が楽しめる素材です。
手にしたときが完璧なのではなく、長い時間をかけて愛着が増していく素材とも言えます。
古来からの製法で、材料は皮と植物の渋。自然素材にこだわりのある方には特におすすめの素材なんです。

【金具はできるだけ、真鍮無垢材を使用しています】
革と同じく、使い込むほどに味が出ます。
お使いはじめは、革に張りがあるため、金具が固く閉めづらく感じる場合がございますが、お使いいただくうちに馴染みます。
バネホックも磨耗するので、初めから閉めやすくしてしまうと、短期間でホックが緩くなる恐れがあるためこのような調整にしております。

《注意点》
*ハンドメイド•オーダー「KALEIDOSCOPE」の商品は、基本的にはご購入お手続きを頂きましてからの製作となります。
*革という素材の特性上、水濡れなどによるシミや色落ちができる場合がございます。雨天時のご使用はお気をつけ下さいませ。
*出来るだけ現品の風合いに忠実に撮影、カラー調整をしていますが、パソコン環境等で実物との色の誤差が出る場合があります。ご了承下さい。
*本革は部位などにより多少の質感の違いや生来の虫食い跡、血筋などございます。一点ずつ異なる本革の証としてご理解下さい。 また、気になる方はご購入をお控え下さい。
*製品の特性上、初期不良以外のクレーム・返品はお受けできませんのでご了承ください。
販売価格
21,000円
購入数